段ボール製緩衝材

商品とエコ、両面を意識した緩衝材

段ボールはリサイクル率も高く、環境負荷が少ない包装材料として外装箱に使用されています。その他として緩衝固定材としても多く利用されています。
段ボール緩衝材により、緩衝性能の向上、包装作業性の向上、減容化等を組み合わせた物流のトータルコストダウンの提案をいたします。

段ボール製緩衝材におすすめの利用シーン

「2021日本パッケージングコンテスト」において当社の作品が複数入賞!

「日本パッケージングコンテスト」は、包装におけるデザインからロジスティクスに至るまでのその年の最高峰と優秀群を決定するもので、今年度も当社が製作・考案に関わった作品が入賞いたしました。

適正包装賞
「高級カーナビゲーションシステムのパルプモールド包装」

20210729_073517.jpg

従来の仕様は、緩衝材として段ボール製の資材が6種類使用されており、組み立て時間や、部材を置くスペースの確保が課題でした。部品点数と組み立て工数を削減するため、パルプモールドを採用しました。

特徴①積み重ねることが可能なため置場縮小、組み立て不要の簡易梱包が可能となりました。
特徴②緩衝設計の工夫で箱サイズを小さくし、出荷時のパレット積載数を96個から120個に増やすことができ、物流コストの削減を実現しました。


 

輸送包装部門賞
「シマオカロック」

作品写真データ.png

もっと早く、誰でも簡単に魔法のようなロックができないか、という思いから「段ボールシートを折るだけでロックができる機構」を開発しました。
特徴①
折るだけでロックができるため、糊貼りやテープ止め作業が不要で梱包作業の簡略化が可能になりました。
特徴②段ボールの使用量を削減することが可能なため、コストや環境面の効果も期待できます。
特徴③斜めリブ構造で高いクッション性能があります。連続する斜め構造によって、衝撃を分散できます。
組立方法はこちら⇒シマオカロック組立動画

POP・店頭販売包装部門賞
「めくって、はって デザイン変化什器」

アセット 2@2x.png

ベースとなる什器を用意するだけで、様々なイベントに向けて、 簡単にデザインを変化させることが可能な什器を開発しました。 
特徴①Re-board®(積層段ボール)の使用により、軽量で強度があり女性でも簡単に運搬可能です。
特徴②磁力性のあるメタリー®シート貼りは、誰でも簡単に貼り替え作業が可能です。
特徴③使用しない時は薄く折りたたむことができ、隙間スペースに収納することが可能です。
特徴④オリジナル什器を季節のイベントごとに1から作製するのではなく、グラフィック面(メタリー®シートのみの作製で良いため、年間通してコストダウンにつながります。


 

関連情報
日本パッケージングコンテストⅠ公益社団法人 日本包装技術協会
2017 日本パッケージングコンテスト受賞!!
受賞実績

「2020日本パッケージングコンテスト」において当社の作品が複数入賞!

「日本パッケージングコンテスト」は、包装におけるデザインからロジスティクスに至るまでのその年の最高峰と優秀群を決定するもので、今年度も当社が製作・考案に関わった作品が入賞いたしました。

適正包装賞
「コピー機フィニッシャー用梱包EPS包装設計による合理化」

mare-sia2020pc.jpg

包装の合理化によるトータルコストダウンを目的に、輸送積載効率と梱包作業性の改善を図り、この包装形態を考案しました。
特徴①発泡スチロール(以下EPS)を活用し梱包形態を小さくまとめたことで、製品に課せられた各種包装環境試験をクリアしつつコンテナ積載数を従来の2倍にしました。梱包材の軽量化にもつながり、輸送時のCO2削減にも貢献しています。
特徴②緩衝材を段ボールからEPSに変更したことで組み立て作業が不要になり、作業工数を大きく削減しました。EPS包装部品は複数の製品に兼用できるよう設計しており、管理面においても改善ができました

ロジスティクス賞
「チェーンソー台形箱」

daikei2020pc.jpg

製品外装箱の形状を一般的な四角形から台形にして無駄なスペースや包材を省いたことで、積載効率を大幅に改善し包装資材費と輸送費の削減を実現しました。
特徴①チェーンソーの形状に合わせて箱を台形にすることで、パレット積載効率を従来の1.5倍にしました。
特徴②作業性を考慮して従来の四角い外装箱と同様に、台形でも折りたたみが可能な箱形状に設計しました。
特徴③製品の固定に箱のフラップを利用、追加部材も削減し包材を軽量化しました。
(ハスクバーナ・ゼノア株式会社様との共同出品)

贈答品包装部門賞
「クラウンメロン中東向け紙器箱」

meron2020pc.jpg

中東ドバイ・カタールの富裕層への市場拡大を目的に、アラブの王族に献上する最高級メロンにふさわしい紙器箱を開発しました。モスクの装飾をイメージしたパターンとカタールのソウルカラーであるエンジ色が中東進出を支えます。疑似エンボスの重厚感やゴールドの輝きがクラウンメロンのフォルムや網目模様の美しさを際立たせ、それをゆったり鑑賞できるようメロンを寝かせておける形状です。
地域復興も重要な目的としており、包装資材もメロンの産地である袋井市で完結させ、台座の布貼りを地元の社会福祉法人が担当。特産品がつなぐ「農・工・福連携」を果たしました。

贈答品包装部門賞においては、2017年同コンテストにて「クラウンメロン ギフトボックス『BLACK』」でも受賞を果たしており、今回の結果含めお客様にも大変喜んでいただけました。

関連情報
日本パッケージングコンテストⅠ公益社団法人 日本包装技術協会
2017 日本パッケージングコンテスト受賞!!
受賞実績

「2019日本パッケージングコンテスト」において当社作品が入賞!

「日本パッケージングコンテスト」は、包装におけるデザインからロジスティクスに至るまでのその年の最高水準を決定するもので、今年度も当社が製作・考案に関わった作品が入賞いたしました。

ダイナパックは今後も、技術力、デザイン力、マーケティング力、提案力、スピード力などに磨きをかけ、「人に、モノに、地球にやさしい」を合言葉にパッケージを通じて社会のあらゆるニーズに応えてまいります。

アクセシブルデザイン包装賞
「つぶより野菜 通販用易開封配送箱」

jpctubuyori.jpg

この通販のリピーターは高齢の方が多く、過去のヒヤリング結果から、開けやすさや廃棄方法への意見を多く頂戴しました。このため開封性の向上と廃棄性に考慮し、①利き手に関係なくワンアクションで開封できる開けやすさ、②側面全体の開口による取り出しやすさ、③上下フラップの畳み用罫線によるコンパクトな廃棄性、以上3点それぞれの改善を目指し開発しました。結果、お客様の意見を反映した商品開発を実現することができました
(カゴメ株式会社様との共同出品)

電気・機器包装部門賞
「太陽光LEDデスクライト」

jpcdesklight.jpg

箱も緩衝材もすべて商品の一部という考えのもと設計しました。緩衝機能を最優先しつつ、デザイン性や環境性、購入者にも配慮したオール段ボール梱包材です。製品自体の強度が強い部分の緩衝は極限まで最小限に抑え、さらにライトのアームの角度も調整することで箱をコンパクト化しています。また、傘の保護部分や付属品の収納部、衝撃吸収用支持部材を連結することで、本体を簡単に取り出せるようになっています。
(バルミューダ株式会社様、キヤノン電子株式会社様との共同出品)

関連情報

日本パッケージングコンテスト|公益社団法人 日本包装技術協会
受賞実績

ダイナパック・グループができること

緩衝材の設計

ダイナパックでは長年の包装資材メーカーとしての経験を活かし、お客様の商品一つ一つに対応した緩衝材を設計致します。

ご要望に沿った性能を実現

緩衝材設計に必要な評価設備を備えており、具体的な数値をもとにお客様のご要望に沿った性能をご提案させていただきます。

パキットコーナー

くるくる巻いてパキッ!と折るだけ。
すき間材やクッション材としてご使用いただけます。

そのほかの製品紹介