従業員と共に

基本的な考え方

  • ダイナパックの最大の資産は人材です。社会環境の変化へ柔軟に対応し、業務改善を推進するとともに、努力と挑戦を続け、持続的な成長を実現します。
  • ダイバーシティ&インクルージョンを尊重し、従業員一人ひとりが個性を発揮し、活躍できる仕組み・制度を整え「人づくり」を通じて、社会課題の解決に貢献し続けます。

すべての従業員が活躍することができる「働きがいのある企業」「働き続けたい企業」を目指します。自己啓発のための資格取得支援制度や通信教育制度、各種研修、新たな仕事へのチャレンジができる社内公募制度や期限付き海外派遣制度を設けるとともに、やる気のあるシニア層が長く活躍できる定年延長といった制度見直しも行っています。

働きやすい職場環境を実現するため、業務の効率化を進めるとともに、より柔軟で多様な働き方を推進していきます。男性の育児休暇の取得や年次有給休暇取得の推進を行い、ワークライフバランスの充実を図っているほか、女性視点による工場の環境改善や、女性が活躍する場の支援体制の強化を図っています。

年齢、性別、国籍や障がいの有無にかかわらず、それぞれの個性や能力に応じて活躍できる会社になることを経営戦略のひとつとしています。
ダイバーシティ&インクルージョンを推進することでイノベーションを生み出し、「働き方改革」の一環として従業員の意識醸成を推進していきます。

女性活躍推進

女性社員が活き活きと働き続けることができるようダイバーシティ座談会やイクボスセミナー、社内制度のガイダンスを行っています。また、個々の能力を発揮し、将来的には管理職やリーダーになりたいと思う人材が育つよう意識の醸成を図っています。

取組内容

  • 女性総合職、女性生産系職種採用の強化
  • 全女性社員を対象とした底上げ教育
  • 女性社員対象にキャリアアップを促すキャリア形成支援の実施
  • 女性視点での工場衛生環境の改善
  • 社内制度ガイダンスの強化(育児休業・介護休業)

ワークライフバランス向上への取り組み

すべての社員が活躍することができる働きがいのある企業を目指し、ワークライフバランスの意識を定着させ、より多様で柔軟な働き方ができるように推進しています。
特に男性の育児に関わる3日以上の連続休暇取得の目標を掲げており、仕事と育児、介護の両立支援施策の拡充を図っています。また今後もより働きやすい環境づくりに対する取り組みを継続していきます。

関連情報