受賞実績

日本の包装分野における最大コンテストである
日本パッケージコンテストで受賞した事例を紹介しています。

2016年

カゴメ「健康直送便」の外装改善

ジャパンスター賞 日本マーケティング協会会長賞

通信販売専用の缶飲料は段ボールに隙間がないために最初の1本が取り出しにくかったのを、段ボールの側面にジッパーを入れて開封口を設けて容易に取り出せるようにしました。また最後1本まで取り出しやすくするため、缶の本数に合わせて開封できるような目安を表面に印刷しています。

「バリスタ」専用カートリッジ、1 to 11パーティション

輸送部門賞

1本から11本のバリスタ専用カートリッジを1ピースの仕切りで固定することが可能です。糊貼りや固定作業が不要、形状は1種類でシンプルな構造を追求しました。また外装と同じ段ボール素材なので廃棄も容易です。

トイレ用キャビネットの施工スムーズらくらく梱包

大型・重量物包装部門賞

施工現場での作業をスムーズにした梱包です。縦置きなので狭い場所でも搬入しやすく、置き場面積も小さくてすみます。開梱するときも場所をとらずに、施工順に部材を取り出すことが可能です。また、従来の仕様から安全面の向上も考慮した設計となっています。

2015年

環境対応製品「パルプストレージ」

日用品・雑貨包装部門賞

段ボールや新聞の古紙を原料としたパルプモールドによる、環境にやさしい大人のペンケース、カードケース。紙ならではの無垢な質感と、それぞれの自然な色味を残したグレー、白、ベージュの3色を展開。強度を高めるリブ構造の設計、表面の生活防水加工を行うなど、長くお使いいただけるよう機能にもこだわった文具用パッケージ。

パルプモールドL字コーナーPAD

ロジスティクス賞

家具の角を保護するために開発したパルプモールド製コーナーパッドである。リブとリブの間に溝を追加することで形状全体に柔軟性を付与させ、ちぎって使用することで色々な長さの製品に対しても対応が可能である。さまざまなカテゴリの製品に使える汎用性の高い形状となっている。

LED電球スピーカーのパッケージ

電気・機器包装部門賞

新たな提案型製品の包装で、店頭でのディスプレイ効果や、シンプルなイラストを用いてユーザーに使用環境をイメージさせることを狙った個装箱とした。台紙をクラフト紙にすることにより、ほかのLED電球の包装材と差異化している。加えて、傷がつきやすく保護が必要な製品本体を、保護袋レスで輸送可能な構造とすることで製品の登場感の演出と取出し性の向上を実現した。

2014年

縦罫線裂け抑制ケース

輸送包装部門賞・ワールドスター賞

箱に内容物を入れた際、発生するコーナー部の裂けを防ぐため開発した。箱の内側に力を受けると、四コーナーに設けた切込み部が外に広がり、箱のコーナーに集中する応力を分散し、縦罫線の裂けを抑制する構造となっている。またコーナーがスライドするため、組み立て性もアップする。

NO!セロハンテープ手持ち花火用台紙

ジャパンスター賞(消費者団体推薦賞)

留め帯一体型の手持ち花火用台紙。従来はセロハンテープで花火を固定していたが、破損や取り出しにくさ、また環境面での問題があった。それらを考慮し、台紙に花火を留める箇所に帯を作り、挟んで裏面でロックをかける簡単な構造を採用した。

2013年

LCDテレビのパルプモールド包装

電機・機器包装部門賞・ワールドスター賞

液晶テレビの薄型化と軽量化に伴い、40インチサイズの大型テレビに対応したパルプモールド包装。ヒンジ構造を用いることにより、高い緩衝性を実現した。付属品はパルプモールドの裏面を使い収納する。オール紙化による環境にやさしい包装となった。

インクを使用しない新印刷技術

包装アイディア賞

レーザーマーキング技術を活かして、インクを使用せずに印刷を行う。フレキソ印刷の工数削減を実現した。更に印刷技術の向上を目指し、レーザーにしか表現できない美粧性の高いデザインが仕上がるように、データ作成技術を構築した。

2012年

ソニー NEX7

パッケージデザイン賞・アジアスター賞

高級デジタルカメラのパッケージで、商品を上品に演出する様々な工夫をデザインに取り入れている。購入された方が、箱を開け商品を見るまでのドキドキ感を盛り上げる〝おもてなし″の心を込めたスペシャルパッケージである。

農産ノンステープルカートン

食品包装部門賞

テープ等を使用せずに箱の封緘ができる軽量農産物用段ボール箱。底面は通常の段ボール箱と同じ手順で折り曲げると卍状に重なり支え合う構造に組まれ、底抜けしない強度を確保できる。天面は1箇所を差し込む事で封緘を可能にし、開封しやすい形状によって梱包作業性を向上させる特徴を持つ。

2011年

革新的な段ボールPAD構造を用いた梱包材

電機・機器包装部門賞・アジアスター賞

汎用的な段ボール緩衝材形状を発展させ、革新的な2種類のPADを開発した。底PADは梱包工数削減と生産性向上を意識し、組立てのみで生産できる折り畳み可能な形状とした。天PADは2回の巻込み作業で、多数の付属品をそれぞれ固定して収納するスペースを作成する。これらと製品配置の検討などから、省資源・作業性・輸送効率・リサイクル等、多くの点でメリットを出している。

シアターラックの風呂敷包装

ジャパンスター賞(公益財団法人日本生産性本部会長賞)・アジアスター賞

一枚の段ボールからグルーやステッチ、プラスチックジョイントなしで箱の形になり、風呂敷を広げるように開梱できるシアターラック用カートンである。箱サイズを極限まで小さくして輸送効率を向上させ、身と蓋を一体化させたことにより使用材料を削減している。