先輩社員(製品開発)

所属部署:開発本部 製品開発部 製品開発グループ 学部学科:工学研究科 デザイン科学専攻 入社年度:2015年所属部署:開発本部 製品開発部 製品開発グループ 学部学科:工学研究科 デザイン科学専攻 入社年度:2015年

入社を決めた理由

採用面接時に考えを率直に言うことが出来る社風を感じ、この会社が自分に合っている、この仕事が自分に向いていると思い入社を決めました。

現在、どのような業務をされていますか?

段ボールやパルプモールドのプロダクトデザインをしています。お客様の商品に合わせた、箱・緩衝材などを企画します。なるべく無駄がなく、組立しやすく、生産しやすいということを心がけています。CADで図面を引き、サンプルを切り出して検証し、修正することを繰り返しながらより良いものに近づけていきます。行き詰まった時には先輩社員に相談したり過去の事例をみて参考になるものがないか探したりします。

他にもお客様のサンプルを作成したり、必要な強度を持っているかを評価試験をしたりすることも業務の一部です。

「製品開発」という業務の魅力は何ですか?

段ボールという素材の性質上つくることができるかたちには制限があります。その制限に対する常識を打ち破って新しいかたちを作るのが面白いと感じます。ああでもないこうでもないと悩んだ末に、ぱっといいかたちを思いついたときがわくわくします。

まだ経験が浅く知識が少ないのでその点は先輩社員に劣りますが、自由な発想をすることは今だからできることだと思うので「こんなかたちは考えたことがなかった」と言われたらいいなと思って考えています。

キャリアパス

1.入社時研修
前半は本社(名古屋)で本部の役割や包装の基礎を座学で学びました。後半は設計研修をみよし事業所で行いました。設計研修では座学以外にも実際に設計まで行いました。
2.事業所研修
みよし事業所で生産、業務、品質、営業の仕事を体験しました。どのように製品が出来上がっているのか、どういったことに気を付ければスムーズに生産できるのかを考えながら設計できるので非常にプラスになりました。
3.配属
開発本部 製品開発部 製品開発グループに配属されました。色々なプロジェクトに参加し、新しいアイディアをゼロからかたちにすることにやりがいを感じています。

ダイナパックに入社して、良かったこと、大変だったことは?

現在の部署に配属されてすぐのころ、自分で図面を引き、手作りした箱が出来上がった時はうれしかったです。また自分の開発した製品が毎日使われているのを目にしたり、考えていたとおりに機能しているところを見ると嬉しく思います。

設計の仕事は作業時間を見積もるのが難しいです。複数の仕事を同時進行しなければならず、スケジュールの調整に苦労をします。これに案外気を使うので大変と感じることもあります。特に難しい設計の場合は時間がたてばその分仕事が進むというわけではないので時間を見積もることが難しいです。

就職活動中の学生のみなさんへ

人も企業も社会もどんどん変化するもので自分の今の価値観がそのまま何十年も変わらないでいることはないでしょうから、今よいと思う条件にこだわりすぎずにいろんな企業を見たらよいのではないかと思います。いろんな企業や人をものを見て観察力を身に着けたら、きっとあとで役に立つと思います。

マイナビ2022

そのほかの先輩社員の声