先輩社員(営業)

所属部署:営業本部 営業第四部 営業グループ 学部学科:文学部 中国文学科 入社年度:2009年所属部署:営業本部 営業第四部 営業グループ 学部学科:文学部 中国文学科 入社年度:2009年

入社を決めた理由

就職活動を始めた当初は特にどんな仕事をしたいというのは無かったのですが、色々な企業説明会に参加させて頂くうちに、様々な場面で使用される段ボールという素材に関心を持ち、入社を決めました。

現在、どのような業務をされていますか?

現在は営業職として主に食品メーカー様へ、印刷紙器、アソート(商品の袋詰め、箱詰め作業)、段ボールの販売をしております。パッケージのプロダクトデザイン、グラフィックデザインからお客様へ提案、受注後は印刷デザインの入稿から校正、製造、納品までのスケジュール等をお客様、各事業所と打合せをしながら手配を進めさせて頂いております。アソートのお仕事に関しては、お客様から商品をお預かりしての詰め作業になりますので、入念にスケジュールや品質を確認しながら手配しております。

「営業」という業務の魅力は何ですか?

印刷紙器に関しましては、パッケージはお客様の商品の顔となりますので、実際に販売され店頭等で目にした時はとてもやりがいを感じます。また、お客様の商品の開発時から提案・打ち合わせをさせて頂く機会が多く、実際の商品の開発から製造・発売と一連の流れがわかり、パッケージに限らず色々な知識を身に付けられるのが魅力です。

キャリアパス

1.事業所研修
つくば事業所にて研修を行いました。営業以外の生産、業務、品質を体験し、現在営業外勤をするうえで必要な知識をこの研修で得ることができました。
2.配属
営業本部 営業第二部に配属。最初は営業内勤として受注業務を行い、その後営業外勤として先輩社員に同行して商談を経験しながら営業マンに必要なスキルを学びました。
3.異動
土岐ダイナパック営業部へ異動。印刷紙器が主力の事業所のため、専門的な知識を身に付けることができました。つくば事業所とは生産品目も異なる営業部だったので非常に新鮮であり、更に必要なスキルを学ぶことができました。
4.異動
営業本部 営業第四部へ異動。土岐ダイナパックで学んだ知識や経験を活かすことができる印刷紙器専門の営業部へ配属となり、やりがいを持って毎日仕事に励んでいます。

ダイナパックに入社して、良かったこと、大変だったことは?

お客様が新商品を発売する際に、パッケージからアソートまでの仕事を任せて頂いたのですが、営業経験が浅いためわからないこともあり、周りの方に迷惑を掛けてしまいました。しかし、お客様をはじめ、上司、先輩、同僚の指導を受け、無事に商品を発売することができ、最終的にはお客様から「よくやってくれた」と褒めて頂けてとても嬉しかったです。

パッケージはオーダーメイド。お客様の多様なニーズにお応えするため、多岐に渡った知識が必要です。パッケージに求められる機能は奥が深く、これからも知識を積み上げながら仕事に取り組んで参ります。

就職活動中の学生のみなさんへ

就職活動は色々な企業や仕事を知る数少ないチャンスだと思います。就職活動を始めた際は、段ボール製造業という仕事は頭にもありませんでした。時間に限りはあると思いますが、色々な企業の説明会等に参加して、やりたい仕事を見つけて頂ければと思います。

マイナビ2022

そのほかの先輩社員の声