印刷紙器(化粧箱)

デザインと機能の両面から、消費者へのアピールを行う

印刷紙器は、機能面で優れた包装資材であると同時に、店頭で消費者に購入をアピールするものでなくてはいけません。デザインと機能で、他商品との差別化を実現し、より印象的、個性的な印刷紙器を創造していきます。

印刷紙器(化粧箱)におすすめの利用シーン

「にゃんキューブ」が世界包装機構(WPO)2018ワールドスター賞を受賞しました

nyan.jpg

今回受賞した「ペット用ギフト『にゃんキューブ』」は、はごろもフーズ株式会社様の「無一物」シリーズ、キャットフード6点と爪とぎがセットになった商品で、品物が入っているギフトボックスを組み立てるとねこハウスに変身するという、ねこちゃんにも飼い主さんにも楽しみが詰まったギフト製品です。

実用新案登録済


「にゃんキューブ」の誕生に至る経緯を開発設計者にインタビューしました

Q1.「2017日本パッケージングコンテスト 包装アイデア賞」、「2017アジアスター賞」に引き続き、「2018ワールドスター賞」のトリプル受賞おめでとうございます!まず「にゃんキューブ」のコンセプトを教えてください。

A1. ありがとうございます。コンセプトは、「食べて美味しい、遊んで楽しいギフト」です。

Q2.この商品の特徴をご説明ください。

A2.ギフトボックスとして役目を終えた後、同梱の部材を組立て、ねこハウスとして2次利用ができるのが最大の特徴です。入口やのぞき窓のサイズは約15匹のねこでモニタリングを行い、好むサイズ・形に設定しました。記念日仕様のケーキ柄デザインとなっているので愛猫のお祝いにぴったりです。

Q3.どこにこだわりを持ちましたか?

A3.お客様の組立て易さを重視し、パーツを少なくしました。

Q4.開発にあたって難しかった点はどこですか?

A4.ねこハウスの壁です。折りたたんで身箱に収め、更に壁として使用できる様にする点です。

Q5.特にアピールしたいポイントはありますか?

A5.市場に出回っているねこハウスは茶色の段ボールで無機質なものが多いですが フルカラーで印刷を施してあるので見た目のインパクトは強いと思います。 入口含めて3カ所からひょこっと顔を出すねこの姿は何ともいえない可愛さを放っています!

Q6.発売以来お客様の反応はいかがですか?

A6.SNSへの投稿が多くみられ、飼い主もねこちゃんも気に入ってる様子です。

インタビューありがとうございました!表彰式はオーストラリアですね。世界に「にゃんキューブ」を広めてきてください。


5月2日にオーストラリア・ゴールドコーストにて2018ワールドスター賞表彰式が催されました

5月2日のワールドスター賞表彰式に、当社社員2名が参加しました。参加した社員より、表彰式の様子を紹介しますーー。

 

成田から約9時間の空の旅。オーストラリアの季節は秋で過ごしやすく滞在期間中は快晴!海がとてもきれいな場所でした。

現地時間19時に始まった表彰式、会場はサーファーズパラダイス・マリオット・リゾートです。オーストラリア包装連盟(AIP)主催パッケージコンテスト「PIDA : Packaging & Processing Innovation & Design Awards」表彰式とWPO主催「ワールドスターコンテスト」表彰式が同時開催されました。

DSC02475.jpg

初めての場所にソワソワしていましたが心強い同行者がおり、また合間にマジックショーがあり楽しく過ごすことができました。日本企業の方も多く参加されていました。

AIP-Awards-2018(LR)-216[1].jpg

受け取った盾がとても重く、帰路に衝撃で壊れないかと心配でしたが、無事に持ち帰ることができました。盾は土岐ダイナパックの展示スペースに飾ってあります。

DSC02778.jpg

来年も表彰式に参加できるよう、日々精進いたします。

ありがとうございました。


「ワールドスター賞」とは

「ワールドスターコンテスト」は、世界規模でのパッケージコンテストです。世界の優れたパッケージの普及を目的として、世界包装機構 (WPO : World Packaging Organisation)の主催で毎年開催されています。公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「日本パッケージングコンテスト」に入賞した作品が、「ワールドスターコンテスト」への出品資格を獲得します。

今回の「ワールドスター2018コンテスト」には、世界各国のコンテストから勝ち上がった318点の作品が集まり、厳正な審査の結果、「ペット用ギフト『にゃんキューブ』」が「ワールドスター賞」を受賞しました。

関連情報
2017日本パッケージングコンテスト受賞!
当社作品2点が「アジアスター賞」を受賞!
Pet gift box to transform into a Cat House | Worldstar

当社作品2点が「アジアスター賞」を受賞!

「アジアスターコンテスト」は、アジアの優れたパッケージとその製造技術の普及を目的として実施されるコンテストです。公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「日本パッケージングコンテスト」に入賞した作品が、「アジアスターコンテスト」への出品資格を獲得します。

今回の「アジアスター2017コンテスト」には、アジア各国のコンテストから勝ち上がった234点の作品が集まり、厳正な審査の結果、当社で考案・製作した「ペット用ギフト『にゃんキューブ』」と「クラウンメロン ギフトパッケージ『BLACK』」が「アジアスター賞」を受賞しました。

 

受賞作品:ペット用ギフト「にゃんキューブ」

nyancube.jpg

この商品は、ギフトボックスを二次利用したいというお客様の要望に基づいて、共同開発したものです。
本来は製品を梱包する箱ですが、組み立てると猫ハウスとして再利用できます。誕生日ケーキをモチーフにした意匠で、ちょっとしたお祝いのムードを演出することができます。
普通なら捨ててしまうパッケージを猫ハウスとして二次利用することで、表面のアート紙(薄紙)以外の廃棄はゼロとしています。
商品化で苦労した点は、猫が好む穴の大きさや室内空間をギフトボックスという制約のなかで実現することです。

実用新案登録済
(日本パッケージングコンテスト「包装アイデア賞」受賞)

 

受賞作品:クラウンメロン ギフトボックス「BLACK」

CROWN_MELON.jpg

贈答用での利用を想定し、高級感を追求したパッケージです。
袋井市の地域ブランドであるクラウンメロンの価値をさらに高め、海外進出も見据えた上位等級用のパッケージとして開発しました。
パッケージの天面には王冠の大きなマークを、側面にはマントをイメージしたロゴパターンを配置し、高級感・存在感を演出。デザインのコンセプトは「キング オブ メロン」です。

(日本パッケージングコンテスト「贈答品包装部門賞」受賞)

関連情報
2017日本パッケージングコンテスト受賞!!
静岡クラウンメロン様 贈答用紙器箱に当社デザインの『BLACK』が採用されました

メッセナゴヤ出展報告

「このブース、紙です」 

今回の出展の目玉「環境にやさしいエコブース」。ギガプリンターで印刷した紙製リボードを使用し展示台、パネル、バックヤードを製作。

IMG_0981.jpg

大きさ1.5メートルのブランドマークとロゴタイプも全て紙製です。紙製の部材は軽くて組み立てやすいという特徴があり、設営、搬出ともに短時間で完了しました。

01.jpg

展示台は、女性でも楽に運搬、初めてでも90秒で組み立て。

21.jpg

「お客様の商品、パッケージでバックアップ」 食品分野向け

東海地区で、軟包装から、紙器、アソート、段ボール、販促ツールまで。

7.jpg

「部品トレーが組立5秒」 自動車部品向け

Eフラットトレーの特徴 「組み立てやすい箱であること」。

18.jpg

「折る力、半減」 物流・通販向け

リバースフラップは、通常のフラップよりも折る力が少なくて済み作業負荷軽減。

19.jpg

「作業現場での梱包、開梱、処分もラクラク」 住宅設備向け

住宅建材向けのパルプモールドは環境にやさしく、かつ作業現場での梱包、開梱、処分が楽。

10.jpg

「わずか1分で、この画質、この大きさ」 ギガプリンター

幅2.4メートル、高さ1.2メートルの大型パネル。

11.jpg

ダイナパック・グループができること

パッケージの印刷に最適なUV印刷

最新の印刷機、オフセット印刷機(UV仕様)6色+コーター(水性/UV)でパッケージを色鮮やかに彩ります。
消費者の目をひきつけるパッケージを目指しております。

カラーの再現性

CCM(コンピューターカラーマッチングシステム)により多彩な特色インキの調色が可能です。高い技術力も兼ね備えておりますのでお客様がイメージする色を忠実に再現することができます。

驚きを演出する両面印刷

パッケージを開けたときの驚きを豪華に演出できます。

土岐ダイナパックができること

レーザーマーキング

レーザーマーキングとは、レーザー光を各種素材に照射して、表面を削るなどの物理的な変化を与える仕組みです。

ナチュラルなデザイン表現ができます。
紙の素材色を活かしたデザインを施す事で、印刷では表現できないナチュラル感をだす事ができます。
触れて楽しむパッケージが作成できます。
印字表面には凸凹感をつけることで、見るだけではなく、触れてもデザインを感じる事ができます。
立体物への印字が可能です。
片面段ボールや紙管など、印刷ができなかった立体物へのデザインが可能です。
オンデマンド対応ができます。
必要数量に印字できるので、在庫リスクの削減ができます。

疑似エンボス

スポット的に光沢を与えツヤで光らせることで付加価値をつける事ができます。強調したい部分に見た目のメリハリを与えて高級感や立体感を表現します。

そのほかの製品紹介